CHUNITHMの寸法に関する覚書

以下は超大まかな計測なのであてにしないこと(

 

・スライドバー(だっけ?)の寸法

f:id:hnakai0909:20170316002052p:plain

 

 

Airセンサーの寸法

 

f:id:hnakai0909:20170316003535p:plain

libjpegをVC2017でビルドする

libjpeg(もともと:http://www.ijg.org/ 、新ページ: http://www.infai.org/jpeg/ )を VisualStudio2017でビルドした話。

 

この記事は 上記「libjpegをビルドする」(libjpegをVS2010でビルドした記事)を参考にした。なお、当時と異なる部分は太字で書いている。

 


 

libjpegは、JPEGエンコード、デコードを行うためのライブラリである。

 

libjpeg - Wikipedia

 

まず、infai(http://www.infai.org/jpeg/)からjpegsr9b.zipをダウンロード・展開する。

ここで、install.txtの終わり近く、1044行目に

Microsoft Windows, Microsoft Visual C++ 2010 Developer Studio (v10):

という項があり、VC2010でのコンパイル方法について説明されている

しかし、VC2012以降では win32.mak なるものが削除されたらしく(cf. https://support.microsoft.com/ja-jp/help/2791460)、説明通りに

NMAKE /f makefile.vc  setup-v10

を実行することはできない。

そこで、makefile.vcをテキストエディタで開き、158-172行目の

ren jconfig.vc jconfig.h
ren makejsln.v10 jpeg.sln
ren makeasln.v10 apps.sln
ren makejvcx.v10 jpeg.vcxproj
ren makejfil.v10 jpeg.vcxproj.filters
ren makecvcx.v10 cjpeg.vcxproj
ren makecfil.v10 cjpeg.vcxproj.filters
ren makedvcx.v10 djpeg.vcxproj
ren makedfil.v10 djpeg.vcxproj.filters
ren maketvcx.v10 jpegtran.vcxproj
ren maketfil.v10 jpegtran.vcxproj.filters
ren makervcx.v10 rdjpgcom.vcxproj
ren makerfil.v10 rdjpgcom.vcxproj.filters
ren makewvcx.v10 wrjpgcom.vcxproj
ren makewfil.v10 wrjpgcom.vcxproj.filters

を手動で実行する。実行するには、zipを展開したディレクトリでコマンドプロンプトを開き、この15行のren(rename)コマンドをコピペする。

(ここが、引用元ブログの以下の部分に相当する:

VS2008でビルドするので展開したファイルの中からmakexxxx.vc9となっているファイルを集める。

集めたファイルを次のようにリネームする。

makejsln.vc9 → libjpeg.sln  libjpeg本体のソリューションファイル
makejvcp.vc9 → jpeg.vcproj  libjpeg本体のプロジェクトファイル

makeasln.vc9 → jpegutl.sln  jpegファイルを操作するユーティリティプログラムのソリューションファイル
makecvcp.vc9 → cjpeg.vcproj  cjpegのプロジェクトファイル
makedvcp.vc9 → djpeg.vcproj  djpegのプロジェクトファイル
makervcp.vc9 → jpegtram.vcproj  jpegtramのプロジェクトファイル
maketvcp.vc9 → rdjpgcom.vcproj  rdjpgcomのプロジェクトファイル
makewvcp.vc9 → wrjpgcom.vcproj  wrjpgcomのプロジェクトファイル

次にjconfig.vcをjconfig.hとリネームする。

)

以上の作業が終了後、VS2017からlibjpeg.slnを読み込み、ビルドする。特にエラーは出ずにビルドは完了し、Releaseフォルダにjpeg.libができる。

次にapps.sln(旧jpegutl.sln)を読み込み、ビルドをすると、cjpeg、djpeg、jpegtram、rdjpgcom、wrjpgcomの5つのユーティリティプログラムが作成される。

 

以降は引用元ブログとほぼ同じであり、ReleaseビルドとDebugビルドのjpeg.lib、それにReleaseビルドの5つのユーティリティプログラムが得られる。

なお、一箇所、

C/C++:コード生成」→「簡易ビルドを行う」を「はい(/Gm)」

とあるが、ここは「最小リビルドを有効にする」に名称が変更されているので注意(「はい(/Gm)」はそのままでよい)。

 

紗幕

これは着ぐるみ Advent Calendar 2016  17日目の記事です。

www.adventar.org

 

日付がとびとびですが、投稿ペースが日付を追い越したらまだ空いてる日を埋めていく、予定です(フラグ)


 

さてさて、今日のテーマは紗幕です。

着ぐるみは基本的に中の人の顔を覆ってしまうわけですが、完全に前が見えなくては自力で動けず大変です。かといってあからさまに穴が空いていては不格好であり、キャラクターイメージも崩壊してしまいます。

その解決法のうちのひとつが紗幕【しゃまく】です。

基本的には、マスクのうち色が暗い部分、すなわち黒目の部分に開口をつくり視界を確保するわけですが、目立たないようにと開口が小さいと、狭い視界しか得ることができません。そこで、黒目のうち面積の広い部分に大開口を設け、代わりに黒目の色に合わせたメッシュ状の布等を入れることで、外からの見た目と内部からの比較的広い視界の確保を可能としたものです。

このメッシュですが、疎すぎても外から丸見え、密すぎても見えないということで、ちょうどいい繊維の密度のものを探すのに意外と苦労しました。

hn_kigは、結局 100円ショップで見つけた この 「トラベルメッシュケース M・S(セット)」のM(大きい方、色は黒)のメッシュ部分を用いました。

f:id:hnakai0909:20161217014637j:plain

一枚では薄くて心許ないので、何重かに重ねてみてテストしてみました。

f:id:hnakai0909:20161217015116j:plain

左より、なし・メッシュ1重・メッシュ2重時の視界イメージ写真

f:id:hnakai0909:20161217015506p:plain

この結果、4重ならば目透けもせず視界も得られるという結論になり、その方針で実装することにしました。

 

眼は下図の赤いエリアを切り抜き 目穴とし、そのうち半円状の広い開口部について紗幕を用いました。(ちなみに左目(図では→)のほうが開口部が広いのはハイライト(白い模様)の関係です)

f:id:hnakai0909:20161217020150p:plain

 

では実際の実装です。

さきほどのメッシュケースのメッシュを5cm四方程度で切り取り、同じものを4x2(両目ぶん)=8枚つくります。

f:id:hnakai0909:20161217020852j:plain

四隅をホットボンドで固め、4重状態とします。

ちなみに、重ねるときに(位相をずらす、的な感じで)穴と穴が合わないようにしました。

f:id:hnakai0909:20161217020907p:plain

これをマスク内側の半円状開口部分に合わせ、マスクとホットボンドで固定、これだけです。

f:id:hnakai0909:20161217021344p:plain

 

以下、片目だけ紗幕を入れて至近距離で撮影したものです。

図左では中の人の眼が見えてしまっている一方、図右ではしっかり防御できていることが確認できます。

f:id:hnakai0909:20161217020614p:plain

 

これで、普通の人からしたら「えっ、前見えてるの!?」と言われる着ぐるみの完成です。

現状の課題としては、紗幕を入れると視界が暗くなり・かつボケるので、勉強会・発表会のような場面*1 で聴講者としてスライドを見るのがつらいという点があり、ここは紗幕を着脱式にして解決できないか検討しているところです。

 

以上、hn_kig的紗幕のはなしでした。

*1:hn_kigが作ったプロ生ちゃんがマスコットであるコミュニティ「プログラミング生放送」では、勉強会という公式イベントを定期的に開催しており、技術的なことなどを発表する。

RVBOX収納法

これは着ぐるみ Advent Calendar 2016  8日目(大遅刻)の記事です。

www.adventar.org

 


 

f:id:hnakai0909:20161215015044j:plain

アイリスオーヤマ ボックス RVBOX 400 カーキ/ブラック

http://www.amazon.co.jp/dp/B008H7ZYJ0/

 

 

RVBOXとは、多目的な収納ができる箱のことで、アイリスオーヤマ社の商標 ...と思いきや、なんと商標登録はされていませんでした(!)

この中でも、RVBOX 400というサイズは着ぐるみを収納するのにちょうどいいということで多くの人[何人?]が愛用しています。

今回の記事では、hn_kigはRVBOXにどのように面・衣装を収納しているかを紹介します。

なお、この方法が正解とは限りません。もっといい方法があったら教えてくださいくらいのスタンスです。

まず、RVBOXに入れているモノ一覧がこちらです。

  • 胸のウレタン
  • スパッツ・ハイソックス
  • タオル
  • 肌タイツ
  • スニーカー
  • 消臭スプレー
  • シリコンスプレー
  • タングルティーザー
  • 名札・スマートウォッチ風小道具・紐ネクタイ
  • 手鏡、鏡
  • 衣装(ブラウス・ブレザー・スカート)

f:id:hnakai0909:20161215015417j:plain

 

お面は輸送中のキズ等防止のため、20L程度のサイズのペール用ゴミ袋に入れています。ただしこの方法では静電気が発生しまくって髪が乱れてしまうので要検討なところです。

 体積をとる割に中が空洞でもったいないので、ウレタンと肌タイはこの中に入れてしまっています。

f:id:hnakai0909:20161215015435j:plain

 RVBOXの奥行きとお面の奥行きがほぼ一致しているので、画像の向きに収納し、

幅方向のスペースにスニーカーを縦に並べることでクッション代わりとしています。

それでもお面は丸いために四隅にまだスペースがあるので、タングルティーザー・消臭スプレー・シリコンスプレー・小道具類を入れたメッシュケース・手鏡を入れています。

f:id:hnakai0909:20161215015452j:plain

真上から

f:id:hnakai0909:20161215015508j:plain

俯瞰方向から

 

その上から下着類とタオルを敷き詰めるように入れます。

f:id:hnakai0909:20161215015526j:plain

 

 

衣装(ブラウス・ブレザー・スカート)はピンク色のメッシュ巾着袋に入れ、RVBOXを閉めるときに最後にふたをするように入れています。

f:id:hnakai0909:20161215015543j:plain

f:id:hnakai0909:20161215015601j:plain

f:id:hnakai0909:20161215230109j:plain

 

この状態で容積をぴったり使い切る形でフタを閉めることができています。

 

なお、しまいっぱなしにしておくと髪にクセがついてしまったり衣装にシワがついてしまったりよろしくないので、面と衣装は外に出し、面置きやハンガーに下げておいています。

 

以上、hn_kig的RV BOXへの着ぐるみ収納法でした。

#着ぐるみと中身2016 hn_kig ver.

これは着ぐるみ Advent Calendar 2016  7日目の記事です。

www.adventar.org

 

バイト終わりで疲れたhn_kig, しかし日付変更まであと10分...

そんな状況で、Twitterで #着ぐるみと中身2016 なんてタグを見かけたので、

 

 

twitter.com

hn_kig的 #着ぐるみと中身2016 を貼ってお茶を濁すこととします。

 

f:id:hnakai0909:20161207235326j:plain

11/27 撮影:えいどり(@eidori_k)さん

 

f:id:hnakai0909:20161207235708j:plain

09/25 撮影:すくらむ(@sk42_kig)さん (hn_kigは←, 椛ちゃん(@momiji_ww,→)とともに)

アドベントカレンダー #とは

hnakaiことhn_kigです。

自宅鯖からブログを書くのが大変なのではてブロに書きます。

これはhttp://www.adventar.org/calendars/1956着ぐるみアドベントカレンダー2016 2日目の記事です。

 

そもそもアドベントカレンダーってなんやねんというツッコミが来たので、なんぞやという記事を書こうとしたのですが、調べたらちょうどいいサイトがあったのでリンクを貼っておきます:

Adventarとは?アドベントカレンダーの使い方 - エレコット

 

補足しておくと、(インターネット上の)アドベントカレンダーという文化はもともとプログラムを書くひと中心に広まったこともあり、正直adventarのサイトの作りは不親切です。

 

...着ぐるみに言及しない二日目になっちゃいました。明日のネタは用意してるので着ぐるみに言及できる、...はず。

 

 

 

PC<-->3DS(プチコン3号)ケーブルテスト

下図のように試作して、音を流してみました。

ひとまずブレッドボードに仮組みしています。

まず、3DSの本体設定のマイクテストで、PCと接続できたことを確認できました。
またプチコン3号上でもPCの音声をマイクに流しこむことに成功しました。

f:id:hnakai0909:20150328211729p:plain

スペアナしてみた

iPhoneから アプリ「標準信号発生器」で流したホワイトノイズ*1を流してPCで録音したものをスペアナ*2にかけたものがこちら。

f:id:hnakai0909:20150328212242p:plain

同じ音声を一旦3DS(プチコン3号)で16384(16360かも?)Hzのサンプリングレートで録音し、それを再生しPCで録音したときのスペアナグラフがこちら。

f:id:hnakai0909:20150328212240p:plain

前者は概ねどの周波数も同レベル。

一方後者は、サンプリングレートの関係で16k付近で落ち込んでいます。また、低音域/高音域になるほどパワーが低いようです。

通信テスト

いくつかマイク経由で通信できるソフトを試してみましたが、100byteに1回くらいはエラー(誤りのほう)が発生してる感じにみえました。

参考にしたもの

*1:全ての周波数が同レベルのパワーとなっている音声 (...語弊があるかも) 

*2:スペクトラムアナライザ 。音声の周波数成分がわかる 。今回はSoundEngineを使用